終活に向けてのエンディングノートの内容と書き方

終活に向けてのエンディングノートの内容と書き方

エンディングノート

終活と言えば何といってもエンディングノートですね!

 

エンディングノートは、終活カウンセラーや終活アドバイザーの資格を取る時でも書き方を学ぶことができます。

 

資格を取る迄でもない・・・

 

そんな方に、エンディングノートには、どんな内容を書いたらいいのか?など書き方についてもまとめてみました。

 

終活におけるエンディングノートについて

 

エンディングノートは、自分が亡くなった時に家族が途方にくれないように困らないようにするために大切な事柄を記しておくノートを言います。

 

又、故人の意思が分かるので残された家族にとっても有難い事だと思います。

 

葬儀や形見分けや遺産だけでなく、延命処置や臓器提供に関しても家族で揉めるケースがあるので、ここで故人の意思が分かれば揉める事も少なくなるかと思います。

 

ただし、遺言書と違って法的な拘束力はありません。

 

エンディングノートの内容

 

記しておきたい事柄は、

 

・自分のこと(名前、現住所、電話番号、生年月日、血液型、マイナンバー、家族、知人、友人など)

 

・医療関係(保険証、薬、病院、延命処置、臓器提供の有無など)

 

・財産関係(貯金、不動産、保険、年金、株式、クレジットカード、借金など)

 

・葬儀関係(葬儀社、葬儀スタイル、お墓、相続、互助会、呼んでほしい知人など)

 

・大切な人たちへのメッセージ

 

又、最近、突然亡くなった場合にコレは必要だと思うのが、WEBサービスのIDやパスワードです。インターネット銀行やネット証券会社を利用している方も多いかと思います。IDやパスワード、暗証番号が分からないと困りますよね。

 

エンディングノートの書き方

 

エンディングノートをしっかり書こうと気負いしない方が良いです。

 

市販のエンディングノートをパラパラとめくってみて、書きやすそうなページから記していくのがおすすめです。

 

エンディングノートは、マイナンバーやクレジットカードや銀行関連の事など個人情報が記されているので、取り扱いは十分に注意して大切に保管することも大事です。


葬儀保険や葬儀積立の加入率が高いのはやっぱり互助会!

無料の資料請求はコチラからどうぞ。

ごじょクル 互助会資料請求プロモーション