互助会の仕組みとメリット・デメリット!結局は加入は必要か?

互助会の仕組みとメリット・デメリット!加入は必要?

老人

互助会への加入は本当に必要なのかを迷っている方も多いと思います。

 

ここでは、互助会の仕組みメリット・デメリットをまとめました。

 

互助会を知った上で、自分は加入した方がいいのか判断するのがおすすめです。

 

互助会の仕組みについて

 

互助会は、助け合いの精神から生まれた制度で、会員が毎月一定額を収めていくことで来るべき冠婚葬祭の費用に備えるという仕組みになっています。

 

互助会は全国各地にあり掛け金や払込期間などはその場所場所で違いがあります。

 

毎月の積立は、1,000円位〜5,000円が多いですね。

 

満期の金額も将来必要とする葬儀費用によって様々なプラン用意されています。

 

積立したお金は、葬儀費用や結婚式や貸衣装などに利用する事ができます。

 

互助会のメリットとデメリット

 

互助会のメリットとデメリットを箇条書きにしてみました。

 

互助会のメリットについて

 

@突然の出費に備える事ができる
A施設サービスなどの大幅な会員割引の特典がある
B互助会の設備が整った施設を利用できる

 

互助会のデメリット

 

@互助会のサービス内でしか積立金を使えない
A利息がない
Bなかなか解約に応じてくれない
C中途の解約手数料が高い
D葬儀費用が足らず追加料金が掛かる場合もある
E倒産の可能性もある(国の保障はあるが100%ではない)

 

互助会への加入は必要か?

 

互助会のメリットとデメリットを並べてみましたが、加入するかは迷うところですね。

 

私が迷うところは、積立金が現金支払いではなく、互助会の葬儀費用や施設、サービスでしか利用できない点です。折角、積み立ててもお金の自由度がかなり低いんですよね。

 

とは言ったものの互助会の加入は得なことも沢山あります。突然の出費に備えられる点や葬儀費用の会員割引などのメリットも魅力的ですしね。

 

今後、葬儀スタイルもだいぶ変わっていくと思います。実際に、一般葬よりも家族葬や直葬などが増えてきており今後は主流になっていくと思われます。はじめにどの位の満期金が出るのか等々、検討してから加入するのがいいかもしれません。


葬儀保険や葬儀積立の加入率が高いのはやっぱり互助会!

無料の資料請求はコチラからどうぞ。

ごじょクル 互助会資料請求プロモーション