終活の身辺整理や断捨離は何歳から始めるのがいい?

終活の身辺整理や断捨離は何歳から始めるのがいい?

終活

終活」という言葉が流行り出して、エンディングノートなどが売れています。

 

先日観たテレビ番組「爆報フライデー」で財前直見さんが、事細かに記載されているエンディングノートを披露していて驚いたと同時に尊敬してしまいました。

 

財前直見さんは、終活ライフケアプランナーという資格を持っている事もありあれ程のエンディングノートを書けたのだと思いますが・・・。

 

ところで、終活のための身辺整理や断捨離は何歳から始めるのが良いのでしょうか?

 

終活の開始年齢はいつ?

 

何歳から始めるというはっきりとした時期はないです。

 

一般的に終活を考える時期というのは、60代〜70代に掛けての時期が多いそうです。ちょうど、会社勤めをしていた方にとっては定年退職する時期でもありますよね。

 

老後生活という第2の人生を考えるタイミングの時期に終活を考えるのだと思います。

 

私も終活するなら定年後すぐに始めるのがベストタイミングだと思っています。この位の年齢なら心身の衰えもそれ程感じないはずです。年齢がもっと上になると記憶の衰え、判断力の低下、敷いては認知症の可能性も否定できません。

 

なので、頭も体もまだ元気でいる時に終活をしておくのが良いです。

 

断捨離は年齢関係なくしておくのがベスト

 

ただ、断捨離に関してはもっと早い時期からしていた方が良いのかなとも思います。きちんとした身辺整理ではなくプチ断捨離というか断捨離を癖付けるというか・・・。

 

終活のことは一旦置いておいても「要らないモノは捨てる」という行為は、メリットしかありません。気持ち的にもスッキリしますし生活にハリが出てきます。

 

断捨離の本来の目的は、余計なモノを家に入れないでモノへの依存を無くし豊かな生活を送ることです。

 

一方、終活での断捨離は、自分が亡くなった時に家族などに迷惑を掛けないように身の回りのモノを生前整理していくことです。

 

本来の目的は違いますが、断捨離はいきなりやろうと思っても中々出来なかったりします。少しずつモノへの執着や不要なモノの見分け方など慣れておくと良いと思います。

 

断捨離の対象となるモノとは、「数年ずっと使っていないモノ」です。家電、家具、食器、洋服、小物だけでなく、お土産品や記念品など沢山あると思います。

 

私も自分の部屋1か所のみをチェックしてみたら出てくる出てくる要らないモノ!故障したままの古いプリンター、懸賞で当たった大きな飾り時計(箱から出していない)、通販で取り寄せたが賞味期限が2年も前のダイエットジュース、雑誌や通販のカタログ類、何かに使うかもと押入れにしまっている色んなサイズの箱など。

 

私も断捨離を始めようかなと思います。


葬儀保険や葬儀積立の加入率が高いのはやっぱり互助会!

無料の資料請求はコチラからどうぞ。

ごじょクル 互助会資料請求プロモーション