互助会加入のベルコなら葬儀の積立が非常にお得!

互助会加入のベルコなら葬儀の積立が非常にお得!

葬式

最初に互助会という制度について書いてみたいと思います。

 

互助会が出来たのは、日本がまだ貧しかった時代の話になります。

 

今は、簡素化している葬儀スタイルですが、日本の冠婚葬祭は基本的にお金が非常に掛かることで知られています。

 

特に結婚式と違い葬式は、突然やってくることが多いです。急な葬式費用に対処すべき貯金をしていればよいのでしょうが、慌てふためく家庭の方が多いはずです。

 

平均葬祭費用は、200万円といわれています。

 

このお金を前もって準備しておくのに互助会はとても役立つ制度なんです。

 

互助会のシステムと良い点・悪い点

 

互助会は、「冠婚葬祭互助会」という立派な正式名称があります。

 

名前の示す通り冠婚葬祭に向けて協力し合うという意味合いを持ちます。

 

毎月、決まった額を掛け金として積立していく仕組みです。積立金は、葬式や結婚式などの様々な冠婚葬祭のサービスに使用する事ができます。

 

互助会は国に認められている制度なので、もし加入先の互助会が倒産の憂き目にあったとしても掛け金の50%は保証されます。

 

又、積立だけでなく互助会が提携している冠婚葬祭の施設やサービスを優待価格で利用する事も出来ます。

 

このようなメリットがある反面、互助会にはデメリットが存在します。

 

デメリットとしては、もともと互助会で受けられる冠婚葬祭サービスの費用が高い事により、結局、積立金だけでは足りなかったというケースがあります。

 

現在は、結婚式も葬式も簡素化の傾向なので互助会自体、時代に沿わないと言われてます。

 

その他、解約手数料が高額になるのも問題化されています。この解約手数料が互助会トラブルで最も多い案件でしょうか?

 

互助会の解約手数料は、加入先で相違がありますが、高いところでは20%だそうです。

 

互助会に加入するならベルコがおすすめ?

 

互助会に加入している業者は沢山あります。

 

どうしても(?)互助会に加入したいという方には何処が一番おすすめか?

 

互助会の中でも加入者が断トツに多いベルコは規模も大きく施設やサービスも充実しています。冠婚葬祭の費用も30%〜50%ほど安くなるのでおすすめかと思います。

 

ただ、ベルコに限らず互助会に加入したいと考えている方は、まず自分が希望する冠婚葬祭スタイルを見直してみる必要があると思います。

 

特に簡素化を望んている方は互助会に入る場合に積立金をどの位に設定するかをよく確認した方がいいですね。


葬儀保険や葬儀積立の加入率が高いのはやっぱり互助会!

無料の資料請求はコチラからどうぞ。

ごじょクル 互助会資料請求プロモーション